ワードプレスのプラグインについて解説します。

 

様々なプラグインが配布されていますが、中でも重要と思えるもの定番と言われるものを重点的に挙げていきます。

 

Sponsored Link

プラグインとはなにか?

ワードプレスはコンテンツ管理システムであることは、以前に述べました。

 

それに加えて、個別にユーザーが自由に自身のブログにお好みの機能を付与するためにあるのが『プラグイン』と呼ばれるものです。

 

例えば、このブログにもある【お問い合わせフォーム】や【サイトマップ】はプラグインをワードプレスにインストールすることで追加している機能です。

 

しかし、その種類は多種多様であり、とてもではないですが全てを使いこなせるものでは無かったりします。

 

とりあえず今回は絶対に必須のプラグインと、追加しておいた方が良いと私が思うものを重点的にピックアップして紹介します。

 

絶対に必須と言えるプラグイン

元からインストールされているプラグインは

・Akismet

・Hello Dolly

・TypeSquare Webfonts

・WP MultibytePatch

の4つです。

 

2番目のHello Dollyは削除しても構いません。

あとはそのままで有効化してもよいでしょう。

 

各プラグインは追々、後日、一つづつ解説していきます。

 

続いて必須といってもいいインストールするプラグインを挙げます。

 

・Jetpack by WordPress.com

・All in one SEO pack

・Google Analytics by MonsterInsights

・Google XML Sitemaps

・PubSubHubbub

 

まずはこれらをワードプレスにインストールします。

 

ダッシュボードの左メニューにある【プラグイン】という項目にマウスカーソルを当てると、右ウィンドウメニューが現れます。

 

メニュー内の【新規追加】をクリックします。

 

プラグインを追加というページになります。

 

右上の【プラグインの検索】という入力フォームにインストールするプラグインの名前を入力します。

 

試しにここでは『Jetpack by WordPress.com』をインストールしてみます。

 

入力するとキーワードにマッチするプラグインが表示されます。

 

Jetpack by WordPress.comの欄にある【今すぐインストール】をクリックします。

 

インストールが完了すると【有効化】というボタンが現れるので、これをクリックしてみましょう。

 

Jetpackの設定は後日、解説します。

 

この様な形で他のプラグインをインストールしていきます。


推奨するプラグイン

他にインストールしたほうが良いプラグインを列挙していきます。

 

・Contact Form 7

・EWWW Image Optimizer

・No Self Pings

・PS Auto Sitemap

・Shortcodes Ultimate

・Table of Contents Plus

・TinyMCE Advanced

・WordPress Ping Optimizer

・WordPress Related Posts

 

各プラグインがどういう機能であるのかは、前述したプラグインも含めて次回、要約して解説していきます。

 

プラグイン一つだけで多機能なものもある

プラグイン一つだけで30種類以上の機能を誇るパックと呼ばれるプラグインもあります。

 

それとは対照的にインストールするだけで、何も設定しなくても有効化するだけで機能を果たすものもあります。

 

またプラグインによっては、外部の別クラウドサービスと連携させないと、ポテンシャルを発揮できないものもあり、非常に奥が深いものもあります。

 

次回から個々のプラグインの特徴と設定などを解説していきます。

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

 

感謝しております。

 

Everything is going well!!

 

全てはうまく行きます。

 

それでは、またね^^

 

Sponsored Link