前回の続き

14日から20日までの記録。

かなり楽しくやってる半面、何も考えたくなくなる時もあるし・・・。

昔の感覚を取り戻しながら、更に別のことも取り入れたりして、まとまらんけどね。

 

Sponsored Link

9月14日から20日までのPV数と記事数

9月14日は色々とやることがあって、3記事しか投入出来なかった。

終わりの集計では2679PV。

 

9月15日 8記事投入して終わりは2,490PV。

9月16日 7記事投入して終わりは4,081PV。

この日は、放置している収益化成功しているブログの一部のコンテンツからリンクを引っ張って、アクセスユーザーを流動してみた。

これが数日間、功を奏してアクセスを稼ぐことに成功。

 

9月17日 7記事投入して終わりは5,798PV

9月18日 7記事投入して終わりは5,650PV

 

9月19日はこの日、3記事しか投入できず。 更に削除申請が入り3記事落とす。

終わりの集計では3,595PV

 

9月20日、6記事投入し、削除申請が1記事。

終わりの集計では14,906PV。

 

20日にはライバル不在で、作り立てで、爆発させることも出来たけど・・・。

 

9月12日から20日までの総PV数 40636PV、UU数は32,774人。

平均滞在時間 3分3秒。

 

ちなみに収益化している前サイトの始まりの時期のデータを参照してみた。

2016年4月24日スタートで8日間までのデータ(2016年5月2日まで)

総PV数28,837PV、UU数は17,136人、平均滞在時間1分53秒。

 

削除申請やクローラーについてのボヤキ

刺激的なテーマに沿って書いている為に、アクセスが集まりやすい反面、当事者などからの削除申請を受けることもあり。

サイトの強さを上げる為には、色々なことをしていく必要があるが、アクセスを増やすことも必要。

何故ならば、Googleのクローラーの回遊率を上げる必要が最初はあるからだ。

経験上、よく分かる。

2018年9月21日に出力したSerch Consoleの統計情報のイメージ。

12日の時点では147回。 17日には672回。

とにかく最初は稼ぐよりも、クローラーを呼び込むことが求められる。

アクセス数とクロールの巡回頻度は必ずしも比例はしないが、密接な関係は確かにある。

クローラーが頻繁にサイトに来てくれる=インデックススピードが上がるということ。

それに付随して、コンテンツに情報量が多ければ、上位表示されやすいからだ。

 

一週間ほど更新して見て

基本的にライバルが多くなり、昔のやり方がやり辛くなっている印象。

しかし、サイトを短時間で強くする為の方法としては、我慢のしどころである。

より、ネタの出処などにアンテナを張る必要があり。

昔に比べて良いところは、Googleの広告ペナルティが緩和されている印象があるということだ。

昔は1記事がポリシーにひっかかっていれば、サイト丸ごと広告配信が停止した為に、非常にきつい状況に陥っていた。

だが、現在はページ毎の広告配信停止という形になってくれている為に、そういう意味では緩和されている様に思える。

いくらサイトが強くなっても、広告が使えなくなったら、ボランティアでしかない。

この点はポジティブに考えられる。

 

7dayで43記事程、PV数にして20000PV↑。

徐々にインデックススピードも上がり、ライバルが薄いところでは上位表示もされる印象が高くなった。

もちろん、ライバルがいないところでは、サイトが弱くても上位表示はされる。

しかし、サイト自体が弱い為に、すぐに引きずり降ろされるのは、これも以前のサイト作成で経験済み。

これはもう諦めるしかないところだ。

ちゃっちゃと記事を書かなくては数をこなせないが、キラーコンテンツレベルの記事も織り交ぜる必要性を感じた。

ここまでの総括

本来は10月からスタートするつもりであった計画だが、前倒しで12日から取り組んでいる。

気持ち的には、もっともっと不感症にならないといけない。

一喜一憂している自分がまだいる。

これでは、半年間続けることが出来ないので、もっと抑えなければならない。

構想では、来年の3月末くらいまでは、このサイト作成に集中しようと考えている。

1000記事入れて、安定出来たら、元の収益化ブログを再び育てようとも目論んでいたり。

(あくまでその時までにいい値段で買い手がつかなかったらの話だが)

 

旬を狙うコンセプトだが、その中でも常に話題になっているネタに関して、一点集中することも検討しているが、何にせよもう少しサイトが強くなってからだ。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝しております。

Everything is going well!!

全てはうまく行きます。

それでは、またね^^

Sponsored Link