夢を叶える方法と2つの過程と1つの到達点

我々は多かれ少なかれ『自分』目的を持って生きている。

それは夢であり、夢は現状にはないイメージである。

目的を明確に持って日々、生きている人間はいずれは『そこ』に辿り着けるわけだ。

不可能なことにチャレンジしている稀有な人間もいるのだが、今日はそんなお話ではない。

とりあえず記してみることにしよう。

 

自分が達成したいこと

例えば自分が達成したい願望があったとする。

そこに達成する為にはどうすればいいのか?を考えてみると、割と道筋は見えてくるもの。

基本的に何事も願望を達成する為に必要なリソースというのは時間お金である。

お金が無いならば、時間をかける必要があるわけだし、時間が無いならばお金を使う必要がある。

達成したい物事がそれら2つのリソースが必要なことならば、それを駆使すればいいだけの話。

どちらも無いというのであれば、まずはどちらのリソースに余裕を持たす為にどうすればいいのか?を考えて決断する必要がある。

 

2つの道のどちらに進むのか?

ちょっと例を出してみる。

例えばアナタが都会の美しい夜景の見える高層マンションに住むことが目的であり夢だったとする。

当然、目的は美しい夜景が見えるところに住むということなので、それを選別する必要がある。

おそらくは4~50万円の賃料が毎月、かかるわけだ。

 

日本の平均年収は現在は約430万円強であるデータが国税庁から出ているので、平均年収以上の稼ぎが無いと目的を達成するのは難しいわけだ。

 

だが、自分はどうしてもそこに住みたいと思い、そこが当面のゴールと思うのであれば、進む道は2つとなる。

 

1つ目はまず何が何でも自分の目的に合う家を借りてしまうことである。

え?!家賃どうするの?

と、思うかもしれないが、全くその通りである。

 

しかし、最初に手に入れてしまい後から支払いなどをどうするかを必死に考えて行動できるマインドになるわけだ。

実際、このパターンで自分の目的を1つ1つ達成しているタイプの人間はいたりする。

要求される自分の心の力は単純にクソ度胸だけの話。

いわゆる前借りをやってしまって、手に入れてしまってからどうするのか?という方法。

 

ちなみにこれが最速で自分の目的や夢を達成する方法であり、これを勝るものは無いと言える。

目的までのショートカットは意外に探せば見つかったりもするもの。

 

しかし、その後に要求されるものは言うに及ばずだが・・・。

 

2つ目は戦略を組んで実際に行動に移すという道。

以前の記事で書いたように、その後の自分の行動や指針を組んでいくことが要求される。

 

これは要するに逆算式であり、『時間』は絶対にかかることなのだが、長い人生の中で割とロスを少なめに出来る方法である。

逆算していって、現在の自分の状況まで掘り下げていった後に見えてくることは、今の自分が出来ることは何なのか?”という答えである。

その答えが見出せないのならば、その目的は強いものになっていないことの表れである。

夢は夢のままで終わるという、誰にでもよくある普通の結果でいつしか忘れ去られていくという結果になる。

 

結局、1つの結果しかない

既にお分かり頂けたと思うが、目的は1つに絞ったとしても、そこに行くまでの過程は2つあるということ。

先に手に入れるのか? 後から手に入れるのか?の違い。

 

どちらかに決めたならば、今度は自分がその時、その刹那、何をしていくことが重要なのか?

どちらにせよ行動力が必要とされるわけだが、ここで1つ重要なことは考える力と行動力が無ければ、何も変わらないということ。

 

あくまで例として夜景の綺麗なマンションに住みたいという願望と夢を取り上げた。

が、自分の生きている上で何らかの願望があるとしたら、まずは前述したことに当てはめて考えてみるのもいい。

 

前者の方法ならば、最初に考えることは自分が資金を調達できる信用や実力があるかどうかの判断が必要になる。

後者の方法ならば、自分の生活を維持しながら目的に進むということになるので、忍耐力が必要になる。

 

どちらを選ぶかは性格の問題になってしまうわけだが、結果的には到達点は同じであるということだ。

 

夢に至るまでの道程は無数

1つの結果の為には、2つの道があるわけだが、細分化していくと自分が進む道は無数あったりする。

そこに必要なのは前述した通り、『時間』と『お金』であるが、自分の心掛けが最も重要であったりする。

 

自分自身が『決心』してなければ、考えることも出来ないし、行動することも叶わないからだ。

 

もしも、自分自身にどうしても人生でやりたいことや叶えたい夢があるのならば、まずはそれをしっかりと意識すること。

他人に流されるばかりではなく、自分自身の心の声を聞くことが実は目的達成、夢の叶い方に繋がると私は断言できる。

最新情報をチェックしよう!
>