意味のない無駄な時間と知りながら行う価値とは?

私がこれまで様々なことに影響を受けたり、知恵をつけて、行動した結果、生み出した格言があったりする。

 

それは

『物事に対して努力は普通、楽しいって思えたら二流習慣になったら一流。』

 

昔、ツイッター上で自動ツイートで日々、流し続けていたのですがね。

今日はそれに関わることと、意味のないことをやることは果たして無価値なのか?価値ある行為なのか?の疑問を書き連ねてみます。

 

意味のないこととは一体?

例えば、お金が自分自身の価値観の中で1位なのであれば、お金に関すること以外は全て無価値であるといえる。

加えてお金を増やせる見込みのないものに、浪費していることは、こういった価値観の持ち主には愚の骨頂であると言える。

 

私は例えば意味のないこととして、全く興味ももてなければやろうとも思わないことに『飲みにケーション』がある。

職場や友達たちと酒を飲みに行って、無礼講でお互いの好き勝手に話し合うという場だ。

こんなことはもう20年くらいはやっていない。

まあ、楽しい場でにはなるとは思っているんだけど、やらないのは、時間・金・気力の無駄だと思うからだ。

それに使うんだったら、私は寝ていた方がよっぽど合理的だと思うしね。

 

しかし、こうした意味のないことにも、価値があったりする。

時間と金と気力の無駄にはなるが、人間関係が深く築き合えるということか。

人脈というやつも、個人のリソースとなりえますからね。(大抵は無駄に終わるけどな(´Д°))

 

ゲームなんかも明らかに無駄な行為であるとは自覚している。

例えばYouTuberなどで特定のゲーム配信で、多くのファンを創り出すことが出来て、金もバンバンに入ってくるというのならば、ゲームは無駄な行為ではなく経済活動の一環となる。

これは価値がないとは絶対に言えないわけだが、多くの人からすれば快楽と引き換えに、リソースを奪われていると言っていい。

 

ゲームというのはゲーム会社がの作り出した閉鎖された世界の中で、数字を競い合うだけの遊戯。

そんな中でも価値を見出そうと思えば見出せる。

 

無駄の集積の中から生まれる何か・・・

これまでも、この【たった一人の魔道】で散々、語ってきたリネージュというゲーム。

このゲームを7年以上遊んでいた私ですが、ハッキリ言って今はやっていないわけだから、そこに費やした時間は無駄だったのかも知れない。

ええ・・・世間一般的には無駄でしょうね。

人間って7年もあれば、心掛けと習慣次第では、ハッキリ言って運命を変えられますよ。 断言できます。

 

まあ、当時は20代だったし、私が7年もの時間があれば、運命を変えると断言できるようになったのも30代後半からですから。

昔の私には死んでも分からないでしょうね・・・。

 

だけど、思い出してみると、リアルオンラインに活かしていることがあったりしますよ。

 

例えばパソコンを扱う力だったり、チャットのコミュニケーション方法とか色々。

マインド的なことで言うと、投資とかにも役立っていたりするし、実はペイフォワードという概念は、リネージュで覚えたことだったりする。

 

ゲームそのものというのは、結局は覚えてしまえば単調な作業の繰り返しだから、やり慣れていても次第につまらなくなる。

だけど、やるのは習慣に既になってしまっていたからだ。

 

逆にこの位、遊んでいたゲームを辞めるのが大変だったかもしれない。

(つーか、今はプライベートサーバーで遊んでいたりするし、辞めてないな・・・)

 

現在、進行形の意味のないこととは?

時折、ブログにも書いて動画も作っているバッタもんリネージュのこと。

おそらく現在の私の環境の中での物事の中で、一番、意味のないことであると思っています。

ものすごく意味がないと分かっているのですが、ある意図があってやっています。

なので、1日15分程度で終わらせるようにしているわけです。

 

答えを言ってしまうと、自分自身に何かの習慣化をつけやすくするためだったりする。

それが例えゲームだろうが、何だろうがなんだっていいわけです。

今はたまたまバッタもんリネージュであるということ。

 

実は自分で活殺自在に習慣化出来るという心掛けと行動力というのは、簡単なんだけど多くの人間が出来ないことなんですね。

それって外部からの強制力が働くか、ニンジンぶら下げられないと、基本的に自らやめてしまうわけですよ。

そもそも人間の脳がそういう構造になっていますからね。

 

たった5分、たった10分でも毎日、やり続けること、そのものが実は凄いことだったりするんです。

 

ハッキリ言って、いつでも辞めても問題ないですね。

L1J Justiceでのゲームプレイは。

だけど、まだやっているのは、実はそんな限りなくどうでもよい娯楽を続けられるかどうか?ということを自分自身で味わいたいのです。

 

特定の物事を活殺自在に習慣に出来ることが・・・

かつて私の投資の先生が、別の人に向けていっていた事がある。

 

『そんなに毎日、コツコツと少しづつでも書けていたら、とっくにその人は夢叶えてますよ。』

 

これは先生がセミナーを開いていた時に来ていた人に向けていっていたこと。

人間は好きじゃないことや新しいことに集中することは無理だから、やると決めた時には一気に片付けないと挫折するといっていた。

確かにそうだと思う。

 

巷では習慣にすることが出来ないからこそ、ダイエット産業が数兆円の規模まで膨れ上がっているわけだし。

ダイエットに関しては、いずれ別の記事で書くけど、ハッキリ言って私には超簡単です。

 

と、いうことはですよ?

 

毎日数分でもコツコツと何かをしていれば、1年後、5年後、10年後はとんでもない結果になっているということなんですよ。

悪しき習慣の場合は、とんでもないロスを生んでいるという恐ろしい未来が待っていると言うことなんですが(笑)

 

私は今、一日15分くらい意味のない楽しくもないゲームをしているのですが、素材をゲームから他のことに移したらどうでしょう?

 

と、いうことなんですね。

 

いずれはネタにしているバッタものリネージュはやらなくなると思いますが、その時にはそれに当てていた一日15分の時間はおそらくは意味という見込みのあるものをやっていると思います。

 

要するに意味のない時間であっても、それをやった経験というのを、ちょっと横に広げて解釈や見方を変えると、色々と自分の価値になるものに変わる可能性があるというお話でした。

 

そもそも楽しくもない、自分にとって心底、意味がなく価値がないものというのは、最初から脳は認識しないようになっている。

 

ということは、認識できて、手を付けたものは、意味が無いように見えても、自分にとっては何かの意味があるものなんです。

 

なので、とりあえずやった方がいいということであるし、習慣化させることが出来れば、他に応用しやすくなるよということです。

 

最後まで読んで下さってありがとうございます。

Everything is going well!! 全てはうまくいきます。

では、またのう(´Д°)ノシ

最新情報をチェックしよう!