最近はパソコンの前で、ひたすらキーボードで入力をしているか、寝ているかしかない。

こんな生活は私の目算では、あと一年以上続くと思われるが、それは自らが望んだことであったりする。

今日はそんな自分の話がメインとなります。

Sponsored Link

余裕過ぎるが故に・・・

インターネットについて、気のおもむくまま【たった一人の魔道】を書いている私。

そんな気分になったのも、情熱を持ってやりたいと思うことが無くなったことが起因している。

投資の世界に足を踏み入れてから、一年四カ月くらいになるが、いざやってみると、実際には待つことが課せられる世界であった。

氾濫している情報の多くは、今の私が非常に忌み嫌う『不平不満』、『愚痴』、『泣き言』、『誹謗中傷』に満ちている為に、五か月間ほど現実社会には存在しているものの、別の空間に意識を向けていたこともあるくらい。

現実社会に意識を再び向けるようになってからは、再び自分が結果を出してきたWeb構築というものを始めるようになったわけだ。

本音を言えば暇な時間があり過ぎるからと言ってもいい。

 

力は自分の為だけに

Web構築といっても、偏にその種類は様々である。

現在の私は特定のジャンルに絞ったことについて、一次情報を元にそれに関しての情報を網羅するということをしているが、基本は文章を書くということである。

非常にこれは泥臭い作業であり、多くの時間と気力を消費するものだ。

私は仕事とは思ってはいないが、人によってはそれは仕事といったりするだろう。

そもそも、実益が見込めるものを創造して、情報と言う価値をネット上に放り投げているからである。

形になりユーザーがそれを利用するまでは、一円の利益にもならない。

自分で自分のメディアを創っているから、尚更、利益にするにはそれ相応の時間がかかることでもある。

誰かの仕事を請け負う気持ちも全くない。

それには大きな理由があったりするが、それはここでは語らない。


一人で出来るなら、それをやるだけ

私は物を書くだけではなく、それなりにはインターネット上にメディアを構築するノウハウや経験がある。

物を書くだけしか出来ないのならば、誰かに従属するしかないのだろうが、自分で場所を作って、自分でコンテンツを投入できる以上は、責任は発生するものの、自分で自由に運営が出来るわけだ。

そちらの方が性格的に都合がいいから、これを崩すつもりは無かったりする。

実際にはWeb上のコンテンツライターというのは、万年、不足しているのは分かっているのだが・・・。

なので、お誘いがきても私はそれに対して首を縦に振ったことは一回もない。

人によっては勿体ないことを・・・と言うのだろうが、私にとっては全く勿体ないとは思わない。

誘っていただけるのは嬉しいのだが、あいにく自分のことで精いっぱいという具合なのが正直な本音である(笑)

 

継続できなくなったら負け

最近はそんなわけで自分が見立てたインターネットユーザーの価値になりそうなものを見繕って、情報コンテンツを書いているというのが主な活動。

そんな私の生活というのは、非常に質素であり、派手なことも無く、まるでネトゲ廃人の様に毎夜、モニターに向かっている様な状況である。

私の中ではネトゲ廃人ならぬ、ブログ廃人と自分で笑っていたりするが、それも楽しいからこそ続けていけれるというもの。

自分の期待通りに事が運ばなかったにしても、一向に構わない。

何故ならば、それまでやってきたことという作業の全てが無駄になることは、100%ないということを知っているからである。

そして、これにはリアルのビジネスと違って、莫大なお金と言うコストがかかっているわけでもないからだ。

大体、会社や店などが潰れるというのは、お金が無くなるから辞めざるえないというのが理由。

その理由がないのならば、いつまでも続けていけることが可能だからだ。

そんなことを考えながら、今日も、明日も、暫くはキーボードを叩き続けることをしていく私がいるのだろう。

 


失敗とは続けられなくなったら。 続けられるのならば失敗というものは、そもそも存在すらできない。

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝しております。

Everything is going well!!

全てはうまく行きます。

それでは、またね^^

Sponsored Link