赤い色を選んだ理由とその裏には何がある?

今日、軽く帰宅中に縁石に車を乗りあげて、焦ってしまった『けーご』ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

まあ、特に壊れたところもないんで、何事もなかったかのようにしていますが、集中力が切れてましたね。

精進します・・・。

と、いうわけで今宵も一記事・・・。

 

赤が好きだったのは過去のこと

私は幼少の頃から、フェラーリが好きなんですよね。

フェラーリと言えば、『赤』であるというのが、広く認識されていると思います。

私の場合、何でフェラーリが好きになったのかと言えば、漫画【サーキットの狼】に登場する『フェラーリの女豹』が初恋の相手だったからです(笑)

 

しかし、こんなことが切欠で昔から赤い色が好きなんですよね。

だからなのかは分かりませんが、デザインなども10代中盤から20代後半まで、スプラッタ系のものが好きだったし、10代の時に乗っていたレーサーレプリカ・RGV-γも赤黒のカラーをチョイスしたりとか。

現在は私のLOVEカラーは赤ではないのですが、乗っている車は赤いのです。

 

赤い車を否定されたり皮肉を言われたけど・・・

基本的に赤い車というのは、それがフェラーリなどではない限りは、売るときに査定に響くと言われている。

そもそもオーソドックスではないし、人気がないからだ。

しかし、私は車に関して言えば、ちょくちょく乗り換えるということはしないし、物というのは基本的に潰すまで使い続けたい男だから。

 

関連記事 → 潰すまで使い続ける

 

買った車で田舎に帰った時は、一部の人には否定されたりした。

基本的に目立つものを敬遠するところがあるんですよね・・・私の親族って^^;

 

なんで赤なの・・・??

黄色の方がよくなーい??

似合ってない!

 

まあ、田舎モンですから・・・『はい・・・はい・・・』って感じで流していた私。

 

また当時、勤めていた会社ではこんなことも・・・。

 

けーごクンのフェラーリの隣に今日は停めたよ(^盆^)

 

同じ会社の駐車場を使っている車通勤しているオヤジ同僚に、こんな冗談を言われたりしたこともあった。

まあ、赤い車って、当時、車通勤している会社の人では私しかいなかったしね・・・。

 

単に目立ちたいからとかで、赤い車をチョイスしたのではない。

いちいち、理由なんか説明しないけど、確固たる目的のもとに購入したのだ。

 

赤という色はそれだけでパワーがある

もうお気づきの人もいると思うけど、具体的に解説しよう。

 

赤い色というのは人間の本質的に『強調』『警戒』『危険』などを想像させるものである。

そもそも人間の血の色は赤いからなのだろう。

 

昔、私を可愛がってくれたマネージャーはかつては日本で2位にもなった保険屋のやりて営業マンだった人。

彼が言っていたのは、こんなこと。

 

事故るヤツってのは、大抵、決まってるんだよね・・・。

 

要するに事故を起きる理由というのは、その人間の性格上の問題ということであったと記憶している。

 

そう・・・自分がいくら気をつけていても、向こうがテンパりやすかったり、だらしない人間ならば、事故を起こされてしまったりする。

追突されたりとかね。

ならば、未然に出来るだけ防ぐことも重要と思った私は車を買う時に『赤』を選択したのだ。

 

オーソドックスな『白』『黒』『青』などは、状況によっては風景などに溶け込んでしまって、認識しづらくなるということも、ある特集で知っていたから。

 

前述したように、売ることを前提にしていたわけではないしね。

なので、最初のオーナーが私で、最後まで私の所有物というのならば、何色であったとしてもいいのだ。

 

そう・・・事故の確率を下げる為に私は敢えて『赤』を選択したのですよ。

 

そして、その効果はどうだったのか?

 

赤色の魔力

結論から言って、危険なことはもう5年乗っているけど、一回も無かった。

 

当然、私自身、車に乗っている時は、事故らないように気をつけてはいることを前提にしている。

時間に追われていてもテンパらないしね。

 

敢えて目立つことで、自分に降り注ぐかも知れない危険を回避する。

 

普段の生活では私は極力、目立つことは避けているわけだが、こういうところでは目立つようにして、他者に無意識的に警戒されるようにしているということだ。

こっちも気をつけていて、向こうも気をつけるならば、事故などは起きようがないわけだ。

 

赤い色って、それだけ強力であるし、使いどころが沢山、ある色というわけですよ。

車のボディカラーと実体験などを例に書いてみましたが、何も車だけではないのは、読んでいる方ならばお分かりだろう。

 

赤い色というのを、うまく使うことによって、自分自身を取り巻く全てに良い影響を与える。

ただ赤い色をチョイスして使うというだけで、向こうから危険が去っていってくれたりするのならば、こんな簡単なことはない。

 

しかし、色の持つ魔力というのは、赤だけではなくって、他にもあったりするんだけどね。

 

最後に私の現在のLOVEカラーは黒と金色なんですけど、これにも理由があったりしますが、それはいずれまた。

 

最後まで読んで下さってありがとうございます。

Everything is going well!! 全てはうまくいきます。

では、またのう(´Д°)ノシ

最新情報をチェックしよう!