その時で良いこととそうならない様にするべきこと

自分が現代社会を生きているにあたって、非常に気をつけていることがあります。

今日はそんなことを書いてみたいと思います。

あくまで私の中でのマイルールの1つであり、万人に向けて使える心掛けではないということを留意して、読み進めてもらったら嬉しいです。

これを心掛けて良くなったと思うこと

親しい人にたまに言うことがあったりします。

『棒が倒れてから何とかするのではなく、倒れないようにしておいている。』

と、いう文言です。

これは人生の1つの答えであり、本質であると断言できるわけです。

 

つまり実際には始めから既に勝負は決まっているということにも繋がるわけですが。

とにかく私は好奇心旺盛でね

どうせ続かないって分かっているんだから、最初からやるなよ・・・

 

と、思うことも私は現在(2021年3月現在)やっていたりする。

続かない=その物事に費やした時間や労力が無駄になるということです。

 

ですが、私の中ではこれは『棒が倒れた』ことにはならないわけです。

最近、やたらとSNSに興味津々になっていたりするわけですが、例えばStand fmをやってみたけど、停滞していたりする。

加えてYouTubeも別チャンネルとかで色々やったけど、今は作ってもいない。

Instagramも毎日、投稿出来ない日もあったりしたり。

削除しようと思えば、いつだって削除できるから放置しているわけだけどね。

しかし、これは私が自らが望んで背負えるリスクを背負った状態でやっているわけだから、辞めてしまっても『棒が倒れた』ことにはなっていない。

 

『棒が倒れた』という状況というのは、選択肢が殆ど無い状態と私は思っていたりします。

 

棒が倒れた状況というのは、どんなこと?

私が絶対にそうなりたくない状況というのは

 

・嫌な人が近いところにいる

・お金の苦労

・フットワークがない状態

 

細かいことを挙げればキリがないけど、基本的にはこんな感じ。

 

これらを全て回避した状態のデメリットといえば、必然的に1人になってしまうということかな?

私は世間一般的に言われる『ぼっち』状態は、全くデメリットとは思っていませんけどね。

 

その時でいいことや最初が肝心なこと

例を挙げれば、沢山あるけど、タイトルに即したことによる具体例を挙げてみる

 

その時でいいことというのは、ギリギリの状態になっても自分なら何とか出来ると100%自信があることなら、それでいいと思う。

例えば私でいうのであれば、提出しなければならない書類の作成とか。

あとは特定の経済活動に関しての作業とか。

こういった一年で一回だけで良いこととかを、日々の生活の中の習慣にしてしまうと、集中力が下がったりする。

なので、棒が倒れてから何とかするのではなく、一回、倒してしまって、そこからどうする?という感じにしたりしている。

 

棒が倒れてから何とかするのではなく、倒れないようにするということ。

これは多くの場合は、人間関係だったりします。

特に今は会社勤めをしているから、自分が望む望まないに関わらずに出会いの機会に恵まれる。

しかし、私は特定の人間としか会話しないようにしているし、仕事上、必要なことならば長くても数分で片付けるようにしている。

目も合わせないようにしている。

 

友達を作りに行っているわけではなく、仕事をしにいっているわけだからね。

確かに学校や職場で仲良しの人間が増えれば、楽しくはなると思うが、明らかに当初の目的に対してのパフォーマンスは下がる。

そして、そんな状態で出来た人間関係というのは、あまり良い結果にならないことが多いからだ。

 

どこかのショップなどに行ったとき、ネット上での何かのオファーの時もそう。

毅然とした態度で、いらないオファー、興味のないことに意識をしないということを心掛けている。

 

まあ、簡単に言えば

『余計なこと言わないし、やらない。』

ってことですかね。

 

余計なことの大半というのは、自分のエゴを満たしたいが為に行われていること。

そもそも、組織の中では必要ではない。

敵を作るのは構わないが、あくまで私はマイルールを破らないようにしている。

 

人間関係だけではない。

車の運転などをする時も、浮かれて注意力散漫にならないように、冷静でいることを心掛けている。

事故ったらロスが大きすぎるからだ。

自分もそう、自分の車も傷つく、相手側も同じ。

事故って喜ぶのは、当たり屋のようなアンポンタン連中か、保険屋、仲介に入った弁護士などである。

 

私は酒もギャンブルもやらない。

酒は飲めないことはないが、好きではない。

そもそも、酔うということに関して、気分は確かに良いが、脳などにダメージを与えていると思うからだ。

ギャンブルは普通にやっては、負ける確率が極めて高いのでやらない。

そうしたことで自分を満たせる心は、とうに捨てているからだ。

 

要するに

『自分1人で完結出来ることは、棒が倒れてからでいい。 そちらの方が色々な気づきがある。』

『自分1人だけではないことは、最初から棒を倒さない様にする。』

と、いうマイルールがあるということになる。

おわりに

あくまでマイルールの1つということ。

個人的に最後に付け加えるとすれば、例えば私が今後、組織を立ち上げて何かの物や奉仕を提供するのであれば、この限りではない。

その道ならば、結局のところ出来ることは限られているからだ。

1人でやるということは、愚かな行為でしかないと分かっている。

どれだけ頑張っても天井があるし、そもそも効率も極めて悪くなるからだ。

 

だが、目指しているところは、そこではない。

なので、こうしたマイルールに沿って行動しているだけのことです。

 

まあ、たった1人の生活や経済活動に恩恵があると分かっていますが、満たされると虚無感を感じてしまったりする。

これは性格上の問題かな?

 

と、それはまた別の話。

最新情報をチェックしよう!