自分の幸福度の上げ方はたった1つ! それは心の旅をすること

人類が何の為に生きているのか?と、いう答えが確定されていない問いがある。

それに対して無理矢理にでも答えを出すとすれば、その1つは『幸せになること』を挙げることにしている私。

しかし、幸せというものは、抽象的であり、言ってしまえば人それぞれが幸福度を上げる方法は違う。

そして何を幸せに思うのかも、違うのだ。

だからこそ我々は常に自らが能動的に『心の旅』をしていくことが望ましいと考えている。

心の旅とは?

現代はとにかく豊かになり、楽に生きれるようになったと思う。

だからこそ我々の多くは自らが『考える』ことを止めてしまっていると思っている。

私はこれを『脳死プレイ』と呼んでいたりするのだが、『ちょっと考えれば分かることなのに・・・』と感じて、幻滅や呆れのような情動を感じることは割と多い。

考えているようで、結局は誰かの無責任な主張の受け売りや、大手メディアの陽動的な主張の受け売りばかりな者も多い。

それら全てが間違っているわけではないが、それはあくまで彼らの答えであって、それが自分の幸せに繋がるかどうかは別なのだ。

テレビに出ている人が主張しているから正しいとか、多くの人間が言っているから正しいとして、自分がそれに流されて人生の歩みを決めると幸せは遠のいていくことが多い。

何故ならば、その多くの主張というやつが、誰かの利益の為に仕組まれていることが多いからだ。

 

自分で考える=哲学

 

と、定義してもいいけど、それは即ち自分の広大な脳内に広がる心の領域への旅でもあったりするんだ。

 

自分の幸福度の上げ方

結論から言って、これって自分で見つけて自分で上げていくしかない。

ネット上にはゲームのアンチョコの様に、半ば無責任に箇条書きされている記述もある。

よくあるものとして

感謝する、経験する、与える、ハイキング(ぶw)、助ける、座禅を組む、よく食べる、人とかかわる、エクササイズをする、目標をもつ、休息する、笑顔

当たり前のこともあったりして、笑ってしまうし、ドヤって書き出している割には全く根拠が希薄な指摘もある。

 

感謝が多い人は絶対に幸せになれると断言する者も少なくないが、果たしてそうだろうか?

自分自身の評価を理不尽に著しく下げてくる者たちや、特定のイデオロギーを押し付けてくる者たちに対しても、感謝を向けたら事態は最悪になっていくのだ。

 

座禅=瞑想といってもいいが、それが気持ちいいと感じて、数時間も同じポーズをとって、具合が悪くなるマヌケも多かったりする(笑)

よく食べることは自由ではあるが、正直なところ、食べすぎは万病の元であるし、自分を大事にしていない行為である。

とにかくそれを書いたライターが自分はそれで幸福度を上げているということなのかも知れないが、眠くなってしまう主張でしかない。

 

幸福度を上げるには、まずは自分が無意識的に数年間やっていることに支払っているリソースを生み出せているかが重要。

そして、そのリソースが不自由を感じないほどに所有していると感じれば、幸福度が上がっていくものである。

リソースというと、『お金』を連想してしまう人も多いのだろうが、確かにそれも重要だ。

しかし、実際はそれだけではなく、『人』だったり『物』だったり『時』だったりする。

まあ、『時』というのは、四次元空間で生きている私たちにとっては、全ての源であるといってもいいくらいのものであるが・・・。

 

Sponsored LInk

そもそも自分で自覚しているか?

現在、最も地球上で強い影響力を発揮しているイデオロギーといえば、『資本主義教』である。

お金というものは便利ですからねぇ・・・ありとあらゆる欲望を満たしてくれるわけですから。

 

しかし、お金だけをおったとしても、大抵は使う時間が無くなったりするし、お金で時間を買ったとしても、余程、自分で自分を分かっていないとおそらくは人生はうまくいかない。

 

〇〇があったら、いいのに・・・

〇〇さえあったら、俺は最強なんだ

〇〇がそばに居てくれたら、アタシは幸せになれる

 

とにかく不足している何かがあれば、一気に幸せになれると思っている者も多いが、その考え方時点で何があってもうまくいかない。

自分の心と向き合った後に出てくるものは、自分と他人は違うということであるし、真理といっていい。

この点を確実に理解した上で、自分の生き方の模索や、自分の自己評価を上げていく必要があるわけですよ。

もしも詰まっている人がいるなら・・・

今回の記事を読んで、何か煮詰まっている方がいるのならば、ぜひ、胸に留めてほしい。

 

それはシンプルに物事を考えて、開き直ることである。

 

自分で自分の生き方を一生懸命考えていくことが、幸福度を上げる方法として一番である。

しかし、人間はとにかくシンプルに考えて、開き直って、自分を大事にしていくとうまくいくことが多くなる。

 

自由気ままに生きているアナタや私を見て、僻んだり気に入らない人間も必ず出てくるが気にしない。

そんな人間に自分が合わせても、その人間は喜ぶだけで基本的にアナタや私の味方ではないし、私やアナタの変わりに責任をとってくれたりするわけはないから。

 

結局のところ、その時、その刹那の自分に合う人間しか、その時空や領域を共有することは出来ないとみていい。

なので、明らかに自分が未来を犠牲にするということでもない限りは、自分の好きなように生きていくことが望ましい。

 

そもそも、自分が興味を抱いて手に入れるリソースの多くというものは、その時に自分が影響を受けている人によって、ひらめかせられたり、いただくもの、交換することが多いわけだ。

 

少々、今回は応用に難しいテーマだったかもしれないが、誰でも好きに生きていいわけだ。

その責任は全部、自分でとるという覚悟さえあって、そんな生活が慣れてしまった際は、必ず体感できることがある。

 

自分は自由である・・・。

 

と。

 

最後まで読んでくださって
ありがとうございます。
感謝しております。
Everything is going well!!
全てはうまく行きます。
それでは、またね^^

Sponsored LInk
最新情報をチェックしよう!
>