たった1つの私だけの兵法書を心に秘めて

常々、私は心が全てであると思っています。

ビジネス教材なんかでも、よくこんなことが言われたりします。

結果に至るまでは行動(Action)が4%、知識・技能(Know-haw)が16%、考え方(Mind)が80%である。

実際に私の失敗経験からすると、全てが必要であると思っていますし、行動力で他の領域を埋めることも可能だったりします。

むしろ行動すれば、他の数値が上がってくるともいえますが、今回はそれを解説はしない。

あくまでこれは前置きとして。

自分の兵法書を持てるかどうか?

兵法書というと有名どころでは【孫子】や【六韜三略】とかありますね。

これは主に戦争に勝つ為にはどうするか?という戦略・戦術・戦法・戦闘などのアンチョコが書かれていたりします。

現代において、特に我々、社会人は人を殺す必要も傷つける必要もない。

加えて言えば日本国民である我々は無職であっても、食っていけることさえ可能であったりしているのが現状。

ここでいう兵法書というのは、私の定義であるので分かりづらいかも知れませんが、要するにどうやって現代を生き延びるのか?ということです。

余談になりますが、私は昔からゲーム好きで、ドラクエやリネージュといったRPGの他に、三国志や信長の野望というSLGにもハマった男。

なので、リアルの事柄などをゲームに置き換えたりするのが、実は結構、得意だったりします。

現実の事柄を兵法書に記述のある4つの戦略・戦術・戦法・戦闘を例にとって考えることがあります。

一つ一つ出来るだけ分かりやすく解説していきましょう。

現代の一般人においての戦略

戦争でいえば、戦略というのは大まかなゴールです。

例えば日本の戦国時代で言えば、5年の間に関東一帯を制圧すること。

これだけでは分かりづらいので旅行を例にとってみます。

時間と金と意欲があるので、1か月海外旅行に行くと決めたとします。

旅行にいくといっても、海外で素敵な場所は色々ありますよね?

ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカなどなど・・・では、今回の旅はアメリカに決定。

これが即ち戦略が決まったということになります。

更に例を出すと、ブログを書きたいけどジャンルはどうしよう?

好きなものは美容系だから、美容系のブログを作ることに決めた。1年間、それに沿ったブログを育てる。

簡単に言えば、それで戦略決定ということになります。

現代の一般人においての戦術

戦略は決まりました。

ならば、戦術とは何を示せばいいのでしょうか?

戦争ならば、関東で一番、先に押さえた方が良い地域はどこか?を決めて戦力を絞り込んで、必要兵力や経費を算出して用意して使う。

旅行に例えるならば、ではアメリカにいくには船がいいのか?飛行機がいいのか?の渡米の手段を決めたり、予算を決めたり、持ち物を用意したり。

ブログで言えば、美容系でも更に細分化してどのカテゴリのネタを拾っていくのか?を判断することとか。

戦略を更に細かくしたものが戦術という認識でいいでしょうね。

現代の一般人においての戦法

戦略、戦術が決まりました。

では、次は戦法ですが戦争で言えば絞ったターゲットを制圧するための方法を決めて、その準備などをしておくこと。

旅行ならば、船の切符をとったり、飛行機の予約をしたりとか。 予算がもっと安く済むならそれを決めたりとか。

ブログならば美容系の決めたカテゴリの中のキーワード選定だったり、競合をリサーチしたりして、そのカテゴリ内でアクセスが見込めそうなところを決定する。

戦術を更に細かくして、行動理念を決定するフェイズであるともいえます。

上記に沿った形においての戦闘とは?

おおまかな戦略、戦術、戦法が決まりました。

あとは実際に行動する・・・つまり、戦闘を起こすという事です。

戦争であれば、実際に関東の要所に兵を進軍させて、斬り合うということ。勝ったら領地をブン取れるということになります。

旅行ならば、アメリカに実際に飛行機で遊びにいき、思い出を沢山つくったりするということ。

ブログならば、実際にコンテンツを作成してアップロードするということです。

 

冒頭で書いた結果に至るまでの100%の内訳を当てはめてみると、その多くが80%のマインドと16%の知識・技術の部分で作られるということが分かりますよね。

これらを全てひっくるめて、言わば一冊の本で解説したのが、【兵法書】となるわけです。

自分の兵法書を創れるのは自分しかいない

自分自身の人生の目的・・・大きな戦略とは何でしょうか?

現代は常識などは簡単に変わってしまう移り変わりの早い時代なのですが、自分自身の戦略というのは至って単純明快でいいと思っています。

多くの人に当てはまるのは

 

幸せになること

 

たった一言でいいわけです。

 

しかし、人の幸せの在り方なんてものは、100人いれば100通りあるわけですよ。

 

老後は負担も不安もなく、悠々自適な生活をして終わりたい。

大抵の人はこう考えると思っているし、こういう願望は良く聞くものであります。

 

ですが、一部の人は

生涯現役でありたい。死ぬなら仕事中に死にたい。』とか『戦場(レース中とかリングの上とか)で死ぬ勢いでやっている。

と、いう人だっているわけです。

 

中には

これ以上無い位に堕落して、汚れて死にたい。

と言うような雰囲気で、無残に殺されにいった人もいますね。

(某事件の被害者とかはおそらくはこういう感じでリアルを終わらせた)

 

ついでに某事件の加害者は

はよ、死刑にせい!

といって自ら死刑を望んでスピード判決に自ら拍車をかけた。

 

自分の望み=幸せのカタチが何であるかなんかは誰も分からないし、どこまでいっても自分で見つけるしかないし掴み取るしかないわけです。

 

要するに私が何を言いたいのかといえば、自分自身をまずはよくよく知る必要があるというのが前提にあります。

当然、人間というのは生まれて死ぬまで、常に必要における情報収集をしていく知的生命体です。
(生涯、勉強といってもいい。)

完全な兵法書なんてものが、もしもあったとしたら皆が皆、幸せにリアルオンラインをクリア出来るわけだけど、実際はそうではない。

何故ならば、神がいないという理屈と同じように、万人に共通の完璧な人生の攻略などは存在できないわけで。

それがもしもあったら、皆がそれをやり出して新たな歪を生むことが確定しているから・・・。

 

なので、結局のところは自分の兵法書は自分で創るしかないということに他ならない。

自分の兵法書を持つ者がリアルオンラインを制する

人生ゲームと言った方が、多くの人には分かりやすいかもしれないけど、敢えて【たった一人の魔道】では、人生をリアルオンラインと定義しています。

自分の価値観の第一位が多くの人に愛されたいとか、友達沢山に囲まれて生きていたいというのであれば、それを達成できる自分になっていくわけです。

それが戦略であり、その下には戦術・戦法・戦闘があるわけです。

自分の価値観の第一位がお金であるのであれば、お金稼ぎに特化した兵法書を自分で書いていって実行していくのが望ましい。

 

これまでにもSNS上やこの魔道ブログでも記していますが、現代は昭和や平成初期と違って、少数、或いは1人でも戦うことが出来る時代になりました。

ならば、それに即した形で兵法書を創り上げていく姿勢が重要であると思っています。

 

ちなみに最後に・・・。

かなり複雑になるんで、書くかどうしようか迷ったんですが。

 

こうした兵法書というものに記載されている戦略・戦術・戦法・戦闘というのは、それ自体が実はフラクタルであったりもします。

簡単に言うと、一つの図形の中には同じような図形があって、それが続いていくということ。

要するに戦略の中には細かな戦略と戦術と戦法と戦闘があって、その細かい戦略の中に更に~~(略)

という考え方も出来ます。

 

そうすることによって、自ずと自分が結局、今、この瞬間、何をするのがベターなのか?というのが見えてきたりもします。

最新情報をチェックしよう!
>