2014年 秋に自作したパソコン 今でも実は使えていたりする

2018年7月16日投稿文の改作。

実は今でもビデオサーバー変わりで使っているのが、2014年秋の終わりに自作したマシン。

名付けて【Angel Dust】ですよ。

 

——-ここから——-

自分の覚書のつもりで書いてみます。

ちょっと自分のマシンに飽きてきた感があるんですが、改めて自分のPCがどんなもんかを確認の意味も込めて。

スペック

CPU:Intel CPU Core-i7-4790 3.60GHz 8Mキャッシュ LGA1150 BX80646I74790 【BOX】
クーラー: ENERMAX【HASWELL対応】サイドフローCPUクーラー ETS-T40-TB
Memory:A-DATA 240pin Unbuffered DIMM DDR3-1600 PC3-12800 16GB(8GBx2) CL11[14665]  AD3U1600W8G11-2
M/B:ASRock マザーボード (HASWEL対応) Z87 ATX USB3.0 SATA3 Z87 Extreme4
SSD:TOSHIBA SSD 2.5inch SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG6Q
HDD:MARSHAL 内蔵 HDD 3.5インチ 4TB SATA 7200rpm  MAL34000SA-W72
(既存)Seagate HDD ST380815AS (80G SATA300 7200rpm)
(既存)日立GST Deskstar 7K160(80GB/ATA133/7200rpm/8MB) HDS721680PLAT80
Graphic:ASUSTeK NVIDIA GTX750 GTX750TI-PH-2GD5 【PCI-Express3.0】
Drive:(既存)Optiarc DVD-RW AD-7260
Reader:オウルテック 3.5インチベイ OWL-CR6U3(B)/BOX
Power:オウルテック  FSP RAIDERシリーズ 750W RA2-750
以前はオウルテック ATX FSP RAIDERシリーズ 750W RA-750(2017年12月にEND)
PC-CASE:NZXT ミドルタワー GUARDIAN921RB-RE

 

ちなみにこれは2014年当時にチョイスしたPCパーツ。

2014年11月中旬に作成した自作パソコンが未だにメインマシンとして機能していますよ。

余っていたパーツも併用して、そこそこ安く作ったわけですが、CPUが4年前と比べて値上がりしているっていうのに驚きです。

 

i7-4790は4年前は¥33,990-だったんですよ(;^ω^)

約35%上がっているとかって何なんでしょうかね・・・。

んまあ、CPUが廃れていないってことは、まだまだいけますね。

4年前のスペックであっても

一応、ストレスなく動いている感じです。

基本的にあまりPCに高負荷がかかるような作業はしていないんですが、ハイビジョン映像 (1080i) の編集は問題なくサクサクいけています。

 

昔は4年前のPCとかってすぐに廃れてしまった感があったわけです。

印象としては、2010年以降は、もう個人で使用するレベルに関しては頭打ちなとこまで来ているんですかね~?

この上は、もはや趣味の段階に達しているような気がしていますけど、どうなんだろうか。

一応、次の自作について

CPU:Intel CPU Core i9-7900X 3.3GHz 13.75Mキャッシュ 10コア/20スレッド LGA2066 BX80673I97900X 【BOX】
Memory:CORSAIR DDR4  VENGEANCE LPX Series 16GB×2枚 CMK32GX4M2A2666C16
M/B:ASUS Intel X299 LGA2066対応 ROG RAMPAGE VI EXTREME【EATX 】
SSD:SanDisk SSD UltraII 960GB SDSSDHII-960G-J26
Graphic:ASUSTek NVIDIA GeForce GTX750Ti GTX750TI-OC-2GD5
Drive:Pioneer  BD-R  BD/DVD/CD BDR-209DBK PLUS
PC-CASE:Corsair Crystal 570X RED RGB CS6920 CC-9011111-WW

 

電源とか他の細かいものは考えていないけど、とりあえずこんな感じかなぁ。

もはやディスクドライブなどは全く必要としない時代に突入しているんですが、DVD世代の私としては搭載していないとどうもしっくりこない(笑)

ソリッドステートドライブを複数、突っ込んで更に爆速仕様にしたいと考えているんですけど、ぶっちゃけて今のままでも全然、不足感が無いという(;^ω^)

基本的に私は車とかもそうなんですが、使うツールって、ぶっ壊すまで酷使するタイプなんで、使っていてストレスが無ければ、ずっと使い続けれる。

しばらくは、これを具現化することはないと思いますが、一応、作りたくなった時のことを考えて。

もはや時代遅れなのか?

一部のネットユーザーには、もうデスクトップPCやノートPCは時代遅れであり、スマホやタブレットで充分という声も最近は目にします。

確かに今やクラウドサービスが充実してるんで、スマホ一台で既存のインフラにのって充分、経済活動できるわけです。

しかし、単純作業(キー入力やGUIの操作性)の効率と言う意味では、まだまだスマホやタブレット端末ではそのポテンシャルを発揮できないと考えています。

まあ、あと10年後には様変わりしているかも知れませんが、その時はその時に考えましょうか(笑)

ツールはあくまでツールであって、使う人間の目的や思考に委ねられていること。 結果に繋がるならば何だってかまわない。

 

2021年8月24日追記分

ちなみにAngelDustの脳ミソといってもいいCPU Intel Corei7。

2021年8月24日 現在においても¥37,992-という価格が全く落ちないモンスターCPU。

正直、このCPUはそのまま使って、他の周辺パーツを変えるって手もあったかも知れませんがね。

 

非常にAngelDustちゃんは思い出深い。

以前の記事にも軽く書いたけど、確か費用的には15万くらいだったんだけど、正味、7年間の間でAngelDustを使って稼ぎ出したお金は数千万円にのぼるわけで。

まあ、なんつーコスパだって感じですけどね。(もちろんパソコンだけの力ではないのですけどね)

 

2018年7月当時に軽く見積もった自作PCパーツだけど、まあ、今となっては手つけないで良かった感じ。

と、いうのも、別記事で詳しく書きますが、2021年8月3日に自作したPCはAMD Ryzen9を導入したわけで。

 

以前はインテル信者のような感じだった私ですが、それだと宗教にハマった犬みたいに思ったので、意を決して別のものをとりいれてみることに。

結果的には非常に満足できています。

 

【自作PC】7年ぶりにトライしたのはRyzen9 & M.2マシン【まとめ】

最新情報をチェックしよう!
>