言葉の力というものは、非常に大きいと個人的には感じていたりします。

 

その一言、その一情報が、後から思い返してみると、凄く役に立ち、数多くの恩恵をもたらしたという経験もあったり。

 

一方、その逆で、その一言、その位置情報が、自分にとっては有害であり、精神的外傷をもたらしたという過去もあったりします。

 

今回は『たった一言』と銘打って、書いてみます。

 

Sponsored Link

その一言を知らなければ・・・

少々、自分の過去を紐解いてみます。

 

子供の頃、私が何かをやる度に、それを否定する身近な人間がいました。

 

何かをする度に『それは誰々がもうやっている。』とか、『パクリじゃねえか?』と。

 

今思うと、その人間というのは、私に自分よりも目立って欲しくなくて、常に自分の影響下においておきたかったから、そういった否定をしていたのだろうと思う。

 

こうした所謂、イヤな人間と関わったことから、若い時というのは自分を出したりすることに、若干のためらいが生じたこともあります。

 

ある日、ある一冊の本の中に、こんな一言が書いてました。

 

厳密に言うと一言ではないのですが、

この本に書いてあることは、全て貴方のものだ。

私(筆者)に感謝する必要もない。

真に自分が見つけたものとして、絶えずそれを心掛けること。

何を隠そうこの言葉は、かの剣豪『宮本武蔵』が残した五輪書に残した名言であるという。

 

ハッキリ言って、私はこの言葉にどれだけ救われたか分からない。

 

この言葉を知っていなければ、積極的に行動出来る自分が生まれることはなかったろう。

 

そもそも、人間は誰しも模倣から入って、個性や自分のやり方を確立して生きていくもの。

 

かつて私に否定的な言葉を言っていた人間は、それだけの器しかなく、無知であったということなのだろう。

 

宮本武蔵先生が本を通して私にくれた一言、過去に私に否定的な一言をくれた男。

 

対称的であるが、こうした一言を頂いたことで、私の生きる指針(向かうべき方向を示すという意味)みたいのものの一端が出来ているということだ。

 

たった一言で全てが分かる時がある

誰かが言ったその一言、一情報によって、あらゆる経験を踏まえてしぶとく生きていると、全貌が分かる時もあったりします。

 

世の中には『売り言葉に買い言葉』という諺(ことわざ)もある位なので、たった一言で全てを決めつけるのは早計であると思うこともあります。

 

ですが、何気ない一言に全て集約されていたりすることもあったり。

 

人間関係で、例えば良好な関係を築けていたりしていると思っています。

 

だけど、実は裏ではこの人、自分のことをこんなに悪く思っていたのか・・・と確信を得る一言があったら、その人間関係は遅かれ早かれ壊れていくし、無くなった方が未来の為になります。

 

現代人においてよくあることですので、具体的には避けますが、私の数少ない人間関係の中でも去年、こうしたことがあり、それ以降はその方のメッセージというのはガン無視という姿勢をとっていたりします。

 

ネガティブをポジティブなことに変える一つの方法といってもいいでしょう。

 

人間関係ではなく、投資などでもこれは言えたりします。

 

多くの人間がお金儲けなどに関して、ありとあらゆる情報を発信している昨今。

 

その中の9割以上はゴミ情報、エセ情報であったりするのは、言うまでもない。

 

しかし、その中に何気ない一言、一情報が役に立つこともあります。

 

2017年3月にそれまでは怪しいと思われていた投資案件の一つに、こんな情報が流れました。

 

●●●●●がマイクロソフトと組んで、●●●●●連合を作る

 

マイクロソフトがどれだけ凄い会社か?というのは、説明する必要なありません。

 

そうなれば、●●●●●に関わる投資案件に資金を投じていれば、儲けることが出来るというのは易々と分かるでしょう。
(ちなみに伏字にしている理由は、この情報は現在は儲けるという意味においては有効な情報ではないからです。)

 

結果的にその二ヶ月後、その投資案件はオールタイムハイ-All Time high-(全ての最高値を更新の意味)を記録しました。

 

情報というものはシンプルで明確な方が、実は一番、使えるという一つの例です。


一言を外に出すときには・・・

言葉というのは、そなわち情報であり、その一言、一文が人によっては大きな変化を迎えることがあるわけです。

 

人間とは心がある生命体です。

 

心とは分かりやすく言えば、情報処理システムであり、それ以上でもそれ以外でもありません。

 

百人いれば似通っている部分はあっても、百通りの考え方があり、百通りの『善』と『悪』がある。

 

自分にとって有益、有効的な情報とは何なのか?

 

それを判断して精査して取り入れるか、捨てるか、無視するかの判断を下す。

 

これが非常に重要であると思うし、その判断によっては、後の未来を大きく変えてしまう大事なことだったりします。

 

だから、出来るだけ自分自身が言葉を外に出すときは、よくよく考えることも必要な時はあったりします。

 

その一言が後の人間関係に亀裂を生じさせることもあるし、その一言で良好な人間関係を築けることもあったりするのですからね。

 

おわりに

もちろん、たった一言、たった一情報、たった一文が全てを物語っているわけではありません。

 

しかし、たったそれだけのことが、それだけの力を秘めているということを感じて止まないし、現実的にこうした経験を多くしています。

 

もちろん全てを計れることは出来ないし、多くの事象の説明が出来るものではない。

 

ですが、たった一言やたった一情報を聞いただけで、『およそ』を計ることが出来るならば、自分の未来の指針を設計しやすくなるのは間違いないと言えます。

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝しております。

Everything is going well!!

全てはうまく行きます。

それでは、またね^^

Sponsored Link