毎日、同じことを繰り返し続けるということは簡単なようで難しい。

特にブログなどの自分のメディア(媒体)などは、目に見えて実感できる成果などが無ければ、途中で辞めていくことになるだろう。

しかし、一貫した行動をすることによって、生まれるものがある。

今日はそんなお話。

Sponsored Link

たった一つのルール

ブログにしろ、SNS(Twitter,Facebook,Instagram他)にしろ、基本的に何らかしら毎日、投稿することが私は重要であると思います。

2018年6月から再びブログやSNSなどの投稿を開始した私。

自分の書きたいことだけを書くというものであっても、メッセージやコメントをもらうことも少なからず起きるようになってきました。

SNSなんかも同時にやっていますが、以前と違う特定のSNS上での出会いなどもあったりしてます。

投稿に対しての何らかのアクションも頂けることも多くなり、フォロワーや『いいね』などの数字も多くなっています。

何もしていないのならば、出会いも数字も伸びるということは無いでしょう。

それもこれも最低限のたった一つのルールに沿って動いているからです。

ルールとは最低、毎日、一つ更新するということ。

 

投稿する意味とは?

結論からいって投稿する最大の意味というのは、自分を見つけてもらう可能性を上げるということです。

ブログで言えば、自分の場所に誰かが訪れる経路をたどってみると分かりやすいでしょう。

一つはインターネット検索から訪れるユーザーの存在。

二つ目はSNSなどを介して訪れるユーザー。

三つめは各種運営元によるサービスを介して訪れるユーザー。

などが挙げられます。

つまり、投稿するということは、より自分の情報というものを目立たせる行為に他ならないわけです。

なので投稿する数は多ければ多いほど、理論的には自分を見つけてもらう可能性は上がるといえます。


しかし投稿するだけでは足りない

やるからには成果がある方が継続しやすいし、意義があると言えます。

ですが、投稿するだけでは足りないとも言えます。

特にSNS上などでは顕著に現れますが、そもそも他人は自分のことにしか興味がないからです。

自分に対してメリットがあるからこそ、ブログを訪れて読む、聴く、見るなどのアクションを起こすものだからです。

ですから、自分で投稿以外に動くことによって、より早く自分を見つけてもらう可能性が高まるともいえるでしょう。

具体的に言えばSNSなどであれば、『いいね』をこちらからつけにいくとか、フォロー申請をするなどという行為。

投稿して、ただ待っているだけでは、かなりの時間を要することになると思います。

 

毎日続けることで生まれるもの

毎日、投稿を続けることで生まれるものは、繰り返しになりますが、自分を見つけてもらえる可能性です。

見つけてもらった後はユーザーが決めることですが、何らかのアクション。

それが続くと信頼関係というものが生まれます。

収益化をしているブログなどであれば、毎日、コンテンツを投稿することによってお金が入る可能性が高まっていくと言えます。

何を目的にしているかによって、若干、手段は変わっていくと言えます。

メルマガではより具体的なことを書いていますが、毎日、記事を投稿することはWebを介したアプローチであるということが結論です。

 


リアルだからネットだからという区別は形骸化している。 人と人を繋ぐ手段は無数にあり、その一つが能動的な情報発信。

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝しております。

Everything is going well!!

全てはうまく行きます。

それでは、またね^^

Sponsored Link