運命を変えるというのは、実は誰でも出来ると私は考えています。

特に現在の自分の状況に満足をしているならば、ここから先は全く読む必要がないと思います。

ですが、現状に対して不満や不足感を抱いている人ならば、一見の価値はあると私は考えています。

実際に私がやってきたことなどを含めて、少し書いてみます。

Sponsored Link

意識を向けるべき三つのポイント

現状を変えるということは、その後の運命を大きく変える初動であると言ってもいいでしょう。

その為に必要なことと言うのは大きく分けて3つあります。

一つは収入源。

二つ目は環境。

三つ目は人間関係。

当然、これらを変えるには、自分自身の心の在り方が最初に問われることになってきます。

自分自身の心がそれまでと変わらないのならば、何をどうやっても同じことの繰り返しになる可能性が高いと言えます。

ですが、この三つを意識して、思考と言葉と行動を変えることで、全てがうまくいく要因を作ることが可能であると断言できます。

 

三つを改善させる

収入源というのは、人によっては日給だったり、月給だったり、年収、成果報酬という風にバラバラ。

出来るだけ少なくても安定させて、最初は望む必要があります。

これを数か月、数年かけてでもやっていくことが最初に必要である。

人によっては、収入減すら断ち切って、環境と人間関係を変えて、新たなフィールドに向かって運命を変えた人も多い。

ですが、社会の血液であるお金が無いという状態であると、誰かに依存しなければならないので、非常にリスキーであると感じています。

なので、自分自身を節制してでも、生活の中に余裕を作っていく必要があります。

 

次に環境ですが、具体的には自分一人で自由に過ごせる場所を作れるかどうかです。

自分だけの空間を持っているかどうかが、非常に重要になってきます。

人によっては、自分のお家であるにも関わらずに、自分が心の底からホッとするスペースが無いという人もいると思います。

また、誰かと住んでいたとしても、別にそれが億劫ではないという人もいます。

とにかく自分が何をしても、誰にも邪魔をされないという位の環境が必要となってくるでしょう。

 

人間関係ですが、これは環境ともリンクしています。

基本的に誰かと供に住んでいたりすると、多かれ少なかれ確実に自分以外の他人の影響は受け続けて生きることになります。

その人が正しいと思っている事が、アナタにとっても正しいとは限りません。

また、職場での付き合いや友達などの付き合いなども、本当にその付き合いが必要なのか?と、いうことです。

特に自分にとって悪いと感じる人間関係に流され続けていると、それがかえって重荷になったり邪魔になることもあります。

たった2年で・・・

私は2015年4月に現在の住まいに引っ越してきて、一気に運命が変わったと断言できます。

引越しする前は貯金は数十万円しかない状態でしたが、会社の仕事もきっちりこなしていたので、『何とかなる!』と感じて一人になりました。

それから数カ月間、環境を構築して、それまでの人間関係の殆どを断ち切って、会社と副業に集中できる環境を作って、2017年4月に脱サラしました。

私の場合は2年くらいかかってしまいましたが、見方を変えてみると、たった2年でここまで変われるのか?と、思ったものです。

それと同時に、成人してからの十数年は一体、何だったのだろうか?という思いにもとらわれました(笑)

やはり、人間は決断して踏み切るという気合みたいなものがあると、結構、普通じゃできないことも出来るようになるものです。

 

邪魔が及ばない世界

収入源の確保、環境を変えて新しい環境を作る、人間関係を変える。

たった三つのことだけで、実は自分の運命を変えることが可能であるという、簡単な一つの例です。

運命(さだめ)というのは、自分のそれまでの思考、言葉、行動に加えて、周りの状況によって決まっていきます。

ならば、環境を変えて人間関係も変えることで、強制的に自分の運命を変えることをしてしまうという一つの方法です。

ここまでやって、待っているものは『孤独』です。

しかし、孤独ということは、見方や考え方を変えると、『誰にも邪魔をされない』ということです。

誰にも邪魔をされない』と、いうことは、すなわち・・・

 

自分で自分の未来を創ることが出来る。

 

と、いうことに他ならないのです。

あくまで一つの方法で、実際に私がやってきたことです。

 

参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝しております。

Everything is going well!!

全てはうまく行きます。

それでは、またね^^

Sponsored Link