青い瓶と水道水

2020年になり能動的に色々と変化させようと企んでいる『けーご』ですが、皆さま、おはようございます。

 

我が家の外壁塗装が終わりに差し掛かっているのですが、見違えるようになってきていてビックリ( ̄▽ ̄)

 

そんな感じで、もう4年近く続いている習慣のお話でもしていきますか。

過去記事でもボケたじーちゃんの様に何度も言っていますが、私の人生の転機は2015年4月から。

 

引っ越したばかりの頃はインターネット回線も引けていなくってね。

 

便利な生活用品も不足している状態の、ただひたすら広い殺風景な部屋と会社をいったりきたりする日々が続いていた頃。

 

スマホで色々と検索かけて、気の赴くままにネットサーフィンしていた。

 

自ら一人の生活を選択したけど、それ以上に望んでいたのは

 

自らの人生を変えること。

 

だったんですね~。

 

兎にも角にも、その為には自分の心の根っこを変えない限りは仕方が無いと、おぼろげに感じていた私。

 

そんな時に興味をもったモノがある。

 

それが潜在意識というキーワードで装飾されていた『ブルーソーラーウォーター』です。

 

記憶が正しければ確かこんなキャッチコピーだった。

 

”潜在意識が綺麗になっていく。 誰でも簡単に出来るブルーソーラーウォーター。”

 

みたいな文言。

 

今思えば、コピーライターの考えた売れる文章にまんまとハマっていたのだなぁ・・・と思うけど、それはそれとして(笑)

 

当時は数千円のお金も無駄に出来ない状況だったけど、興味を持った私は青い瓶を二本購入。

 

これを書いている時にアマゾンの注文履歴を覗いてみると、青い瓶は2015年4月24日に買っていた。

 

いやあ、便利だよね、こういう記録を残してくれてるのって(^ω^)

 

って、話が逸れた・・・。

 

2本で¥1600- だから別にいいと思ったんで、使ってみることに。

 

ブルーソーラーウォーターとは、単純に青い瓶に水をいれて、日光に数十分晒しておくだけでいい。

 

場合によっては蛍光灯の光でもいいという感じだけど、それでも十分に効果が出るという。

 

それで水の何が変わるのかと言えば

 

味がまろやかになる

身体によい物質が体内で作られる

良い水をとることによって、健康になり必然的に心が変わる

 

みたいな文句だったような記憶がある。

 

そもそも私は普段は珈琲や珈琲もどきの子供が飲んで喜んでいる様な乳飲料ばかり飲んでいる。

 

あまり水を飲むという習慣は無いので、水を欲した時は普通に水道水を飲むこともしていたくらい。

 

なので水の味がどうのこうのという『通』なことは分からない。

 

でも、とにかくブルーソーラーウォーターをやってみることにした。

 

手間もかからないし、それこそ作るだけなら、どんな状況であっても出来るからね。

 

コストも前述した通り、タダ同然だし。

 

味? うーん、そう言われれば、そういう気がするけど・・・。

体調が良くなった? うーん、そもそも身体を動かす仕事していたから、健康そのものだし・・・。

心は変わった? 劇的にではないけど、4年経った今思うことは変わったと断言出来ること。

 

そもそも私は飽きっぽい性格で、新しい物事が続くことの方が少ない。

 

余程、楽しいとか、絶対に必要な事でなければ、飽きたり興味が無くなったら音速で辞めてしまう(`▽´)

 

そんな私が何故、ブルーソーラーウォーターは続いているのかと言えば、多分、メッチャ簡単に出来ちゃうからなのだろう。

 

工程はこんな感じ。

 

・青い瓶があります。

・水道水を並々と注ぎ入れます。

・台所の窓側に置いておきます。

ここまでで1分くらいじゃね?(笑)

 

あとは数十分、もしくは気づいた時に光に晒したブルーソーラーウォーターを回収して、冷蔵庫に放り込む。

 

どんな面倒臭がり屋でも出来ちゃう。

 

結局のところ、潜在意識が洗われたかどうかなんかは分からない。

 

ただ環境を変えて、こうした今までの自分が全くやったこともないことを取り入れた。

 

取り入れたことは、特にリソースを食いつぶすこともなく、ただ自分自身がやるやらないかしかない事柄。

 

2015年から2020年までで、出来たことは1日24時間、1年365日の自由を掴んだ。ということかな?

 

あくまでブルーソーラーウォーターが起因だったのかは分からない。

 

そもそも、人、物に依存する様な考え方は好きじゃないから、例えそうだったとしても吹いて回ることは絶対にしたくない。

 

重要なのは習慣化させるということの重要さを身をもって分からせてくれたのが青い水と水道水だったってことです。

 

繰り返しになるんですが、何故、その習慣化が出来たのか?と言えば、あまりにも簡単で低コストだったからということ。

 

そして、それを続けても問題がない環境にいたからということですね。

 

ちなみに私がアメブロで知り合いリアルでも仲良くさせて頂いている方は、日光ではなく満月or新月の時に水を作るということをしていたりします。

 

ブルールナウォーターと言うそうですが、これがどんな効果があるのかは分かりませんが、神秘的に感じますね(#^.^#)

 

新しい環境に来て、一番、最初に成功した習慣化というのが、ブルーソーラーウォーターであったというお話でした。