ブルーソーラーウォーターの信憑性を5年以上、実践している私がぶっちゃけるよ!

ブルーソーラーウォーターの信憑性というお題で書いてみます。

かれこれ5年以上、飲料水にブルーソーラーウォーターを飲用している私なので書けることというのもある。

巷では『波動』だの『潜在意識』というキーワードが付与されていますがね。

ブルーソーラーウォーターとは?

まずは知らない方の為に解説してみる。

ブルーソーラーウォーターは青い瓶などに水をいれて、日光にさらした水のこと。

起源としてはハワイのスピリチュアル思想からきているらしい。

私が何故、これを生活の中に取り入れたのかといえば、単純にいってそれまでやりもしなかったことをやってみよう!と思ったからです。

ちょっと思い出話

2015年4月10日に私は今の住まいで一人暮らしを始めた。

色々なことがあって、それまでの人間関係や環境から決別した私は生活習慣も見直すことに意識を向けた。

仕事は変えなかったけど、とにかく出来る限り、自分の人生を変えたいと思ったんですよね。

人生を変えるには、自分が変わるしかない

自分というものは、日々の習慣によって形作られる。

習慣というものは、潜在意識(無意識)というフロイトが発見したとされる心の領域と密接な繫がりがあると知ったのはこの頃。

 

そんな時にあるサイトにいきついた。

どうやって辿り着いたかは定かではない・・・思い出せないんだけど、確か個人のホームページ(今はもう無くなっている)でブルーソーラーウォーターの記事を見つけた。

ハワイの【ホ・オポノポノ】という思想と供に紹介されていた。

ブルーソーラーウォーターを飲むようになると潜在意識が掃除されるという触れ込みに惹かれた。

やり方もメッチャ、簡単だったし、お金も然程、かかるものでもない。

加えて私はあまりミネラルウォーターは好きではない。

水道水も昔は煮沸して作ったものをボトルに作り置きしていたこともあるけど、長年、これをやっていた後に知ったのは、デメリットがあるということ。

詳しくは本題からズレるので割愛するけど、とにかく自分の生活の飲み水という必須のモノにプラスアルファを加えたかった

なので、信憑性は置いておいて、とりあえずブルーソーラーウォーターをやってみることにしたのだ。

 

ブルーソーラーウォーターを実践して5年

アマゾンの注文履歴を見ると、2015年4月24日に私はブルーボトルを2本注文している。

金額は¥1,600-。

ちなみにこのブルーボトルは現在でも使用している。

720mlボトルを二本。

結論から言って、完全にブルーソーラーウォーターを作って、それを飲んだり使ったりすることは、私の生活習慣の一つになっている。

 

ちなみに現在(2021年1月2日時点)で暦を逆算すると、2080日。

1600割ることの2080日で1day=\0.76-。

如何にミネラルウォーターを買ったりするのが、アホらしいかということ。

 

  

ブルーソーラーウォーターの作り方

  1. 青い瓶に水道水を注ぐ。
  2. 朝から昼にかけて水を入れた青い瓶を日光にさらす。 曇っていても問題はない。 とにかく外の光に当てていればOKであり、時間は30分以上。
  3. 外の光に時間をかけて当てた青い瓶の水はブルーソーラーウォーターとなっている。

 

メチャクチャ簡単である。

 

これを私はもう5年以上続けており、止める気は全く起きていないし、むしろ青い瓶を増やそうと思っているくらいですよ。

 

ブルーソーラーウォーターの信憑性

ブルーソーラーウォーターの効果として、挙げられるものを列挙してみる。

  • 味が変わる(甘くなる)
  • マイナス思考や鬱っぽいメンタルがクリーニングされる。
  • 筋肉痛やリウマチなどが改善される。
  • 好転反応が起きる場合があり。
  • アトピーが改善される。
  • IGF-1(成長ホルモン)の血中濃度が上昇する。アンチエイジングの作用に有効とされている。

等々・・・。

何度も言うけど、5年間実践して継続している私の正直な気持ちを書いてみる。

 

味が変わる・・・言われてみればそんな気も最初はしたけど、今は全く感じもしない。

ミネラルウォーターと比べると、ブルーソーラーウォーターの味はほんの少し苦みがあるように思える。

マイナス思考や鬱っぽいメンタルがクリーニングされるという効果だが、悪いことが起きれば、マイナス思考やネガティブな気持ちには当然なるわけで、それが感じなくなるというわけではない。

なので、全てがブルーソーラーウォーターだけで解決するということにはならないよ?

筋肉痛やリウマチなどが改善されるという点だけど、リウマチにはかかったことないから知らんけど、筋肉痛なんてものは基本的にあまりかからないので分からん(笑)

私は特に今は身体を惜しみなく使っている仕事しているから、筋肉痛になんかかからないのですよ(苦笑)

好転反応が起きる場合がありという点については、やり始めたときにはそういった症状は私は無かった記憶がある。

アトピーが改善される、IGF-1の効果の2点だけど、アトピー持ちではないし、アンチエイジングとか全く興味ないから意識もしていないので、こちらも知らんって感じ(笑)

 

まあ、要するにこういった実証が難しい触れ込みをブルーソーラーウォーターに持たすことによって、普及させたって意味に捉えているのが本音。

実際に私も潜在意識というキーワードを辿って、ブルーソーラーウォーターを知ったわけだからね。

 

じゃあ、私は釣られたのか?と言えば、そうではない。

実際にブルーソーラーウォーターを知って興味を持って、この記事に辿り着いたアナタに伝えたい本当の答えがある。

 

ブルーソーラーウォーターの本当の効果

ブルーソーラーウォーターは実践するのに凄く簡単である。

ハッキリ言って青い瓶さえ用意してしまえば、誰でも作れる簡単な代物なんですよ。

だけど、それを継続するということは、おそらくは出来る人と出来ない人がいる。

私は出来た人であり、多分、死ぬまで続けるだろう。

 

ブルーソーラーウォーターの味が甘いとか、潜在意識が掃除されたとかは知らない。

だけど、それが続いて今でも作って飲んだりしているということが重要である。

 

完全にこれを習慣化出来たということであり、続けていけてるということが本当の効果であると思っていますよ。

習慣化が出来た・・・イコール、潜在意識が変わったということでもあるから、触れ込みどうりの効果があったと言ってもいいかもしれない。

 

特定の物事を習慣化しやすい心になるというのが、私個人のブルーソーラーウォーターの効果であると言えるかな?

 

ブルーソーラーウォーターの使い方

最後に私がブルーソーラーウォーターをどう使っているのかに触れて締めくくる。

 

私はご飯を食べる時は、水を飲む習慣があるんで、飲料水としてブルーソーラーウォーターを飲む。

家にいるときは絶対にブルーソーラーウォーターを飲んでいます。

 

他の使い方としては、アロマディフューザーをつける時に、水はブルーソーラーウォーターを使います。

水道水は使わないで、ブルーソーラーウォーターを使うのは何となくその方がいいような気がするから。

 

会社に行くとき、水筒には作ったブルーソーラーウォーターを適当に入れて持っていく。

社食を食べる時に飲料水として飲用するから。

 

正直なところ、この3つの使い方でしかブルーソーラーウォーターを使っていません。

 

ブルーソーラーウォーターをやり出して、何か個人的にデメリットになったことがあるか?と言われれば、皆無です。

 

と、まあ、自分の実体験を記述してみましたが、敢えて読んで下さっている方々には、強くはおススメはしません。

だけど、決して悪いことではないし、ロスも極めて少ない水の入手方法の一つだよ?ってことで留意してくれると幸いです。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

Everything is going well!! 全てはうまくいきます。

では、またのう(´Д°)ノシ

最新情報をチェックしよう!
>