その路地裏には何がある?

路地裏・・・大通りから外れた細い道。

人気があまりない一見、寂しそうな通路。

要するに多くの人の意識が向いているところ、或いは向いていないところ。

 

多くの人間に知られてしまった時が引き際

これは特に投資や投機、ビジネスなどでよく使われる格言。

ちょっと考え方を変えてみると、これは色んなところに通じたり関連付けさせることも可能。

そして、それは自分の生活にも大いに役に立ったりすることもあったりしますよ。

 

目立たないところに価値がある

結論から言って、そういうことです(笑)

目立たないのは価値がないからなんじゃねえの?

っていう意見もあると思いますが、それもまた正しい。

 

とにかく多くの人間というものは、数に弱いと言える。

それは正しくって、一つの価値基準であるから。

 

100万回再生された動画と3回しか再生されていない動画だったら、100万回再生された動画の方がスゴイと思うのは当然。

500円しか入っていない財布より、10万円挟んでいるマネークリップの方が良いと思うだろうし。

全く喋らない人間より、流暢に会話できる人間の方が、コミュニケーション能力があると思うだろう。

 

しかし、価値というものは私、アナタ、各々の価値観自我によって構成されている無形の情動と言ってもいい。

なので、人によって異なるというのが、一番、まともな答えであるとは思ってます。

 

だが、敢えて言うのであれば、路地裏には割と多くの価値が眠っていたりするかも知れない。

路地裏にあるもの

我々、1人1人の多くの望みというものは、自分自身の幸せ。

幸せの在り方もまた人それぞれ違ったりする。

 

いつも贅沢をして、格好つけて、マウンティングして井の中の蛙を楽しむことが幸せと考える者もいる。

かたや自分の愛している人と供に質素に生きていることが幸せと憚らない者もいる。

敢えて苦行をして自己成長をしている感覚を常に感じて朽ちていくことに幸せを感じる者もいる。

何となく流されながら生きていて、結局、幸せを感じないままゲームオーバーする者も何と多いことか・・・。

 

人それぞれ。

 

多くの人間の意識や感情、付加価値などが毛細血管の様に張り巡らされているのが、我々の住んでいる世界そのもの。

 

しかし、これら全ては間違いなく、その幸せや志半ばで消滅した者を支えていた存在がいるということに気づいていなければならない。

そんな存在がいるところを路地裏と私は表現していたりする。

 

大通りにばかり気を取られていると

派手を好み、流行に便乗したり、表面だけしか見ていないと、例外なく無意識的に他人の人生を歩かされることになる。

そこには実際には幸せなどを感じることは出来ないし、それは自由というものからは遠ざかる。

大通りしか興味が無く、そこだけしか通りたくない人間というのは、大きなロスを生む歩みになることも多いのは言わずもがな。

場合によっては強制的に誰かと望まない心中をすることだってあるわけですよ。

 

大通りには多くのエネルギーが集まる。

そこから発生する付加価値は莫大であり、数字を追うのならば、これを絶対に無視してはならないのだが・・・。

実はその大通りから少し歩みをずらしてみると、路地裏があったりするわけで。

ここに実はこれから大通りになりそうな道があったり、そこに繋がる光脈があったりするわけですよ。

 

視点をずらして、注目されている存在などを見てみると、ここでいう『路地裏』の存在に気づきやすいかも知れませんね。

 

これらを踏まえた上で・・・

あくまで一つの考え方であって、常に目立ってピカピカに光らせるような生き方もそれはそれで楽しいかも知れない。

 

例えば

『カネは多ければ多いほど良い。』として、銭ゲバになるのも自由。

『オシャベリしていないとイヤ~ン!💛』って感じで、とにかく喋るのも自由。

『表面が一番大事だよ!』として、物に溢れる生活をするのも自由。

『人脈こそ全て!』として、多くの人間とコネクトするのも自由。

 

その全ては大事だけど、本質を敢えて書く。

 

お金というものは信用が担保されているだけであって、それは単なるツブシの効かない物質でしかない。(腹減っても食えないでしょ?)

言葉は実は虚しいものでしかない。(何とでも言えるから)

美しいドレスやカッコいいスーツを着ていても、着ている人間がどんな奴なのかは分からない。(全く別の問題だから)

沢山の人間と接したとしても、それは良い影響だけを受けるとは限らない。(世の中、エンジェルばかりじゃない)

 

本当に価値があるものとは、多くの人間が易々と手に入れられない・気づけない・知られていない路地裏にあるもの。

 

それは即ち希少価値があるわけだからね。

 

と、まあ、今日は一つの価値基準や判断基準として、こんなエッセイを書いてみました。

 

ってか・・・ただ、タイトルのその路地裏には何がある?という文言が浮かんだから、それに繋げて書いただけだというオチだったんですけどね(笑)

 

ってことで、本日も幸運と成長を(´Д°)ノシ

最新情報をチェックしよう!