継続ということが最近のテーマになっている気がするわけですが、今日もサイトについてのお話。

最近まで全てを放置していた私。

日数にして五ヶ月(150日)間、全く記事を書いていなかったわけですが、『たられば』や現在の心境などを絡めて、つづっていきます。

Sponsored Link

ブログを五ヶ月間、書かなかったわけ

2018年1月中旬から5月末まで、全く記事を書いていなかった私。

以前にも書きましたが私は収益化に成功しているブログを持っています。

更に自分の好きなことだけを書くためのブログも持っていたりしている。

2015年夏から本格的にWeblogを主体とするサイト運営に向けて行動する様になってからは、記事を毎日、一記事でも入れていかないと気持ち悪くて仕方がないという精神構造になりました。

ですが、敢えて放置していく気持ちになったのは、様々な理由から。

まずは一つ、既に私は投資家として生きているということであり、自分のサイトで使う為だけとはいえ、コンテンツライターとしては卒業しなければならないと感じていたから。

二つ目は1月中旬、私がそれまで生きて意識を向けていたものに関わる人々のほぼ全てが、愚痴・不平不満・泣き言・誹謗中傷・エゴに満ち溢れた言葉を吐くようになったから。

実際に本当の意味での投資家というのは、実はやることが非常に少ない。

なので、一つ目の気持ちというのは、今思うと少々、間違っていたと感じるわけです。

二つ目に関しては自分でも素晴らしい決断だったと感じます。

そんなものばかりが目に付くようになると、私自身も同じことを言いたくなってしまうわけであり、そうなったら本末転倒です。

だから、そこから離れる為に別のことに意識を向けて、時間と気力を使っていこうと思いました。

 

『たられば』には意味がないが敢えて・・・

五ヶ月間という時間。

以前の私のペースであったなら、どういうことになっていたのでしょう。

収益化に成功しているブログに関して言えば、必ず最低ライン、一日三記事(文字数にして1200~2000文字以上)を投稿していました。

単純計算して450記事、入れていたということになります。

そのブログを放置していたにしても、450記事のコンテンツならば、テーマを絞った一つのWebサイトも作れていたことになります。

これは非常に大きいと言えますが、既にそれは過去のことであり言っても仕方がない。

だけど、敢えて今、こういうことを考えて書き残すことによって、これからの自分の行動を促す起爆剤になると感じたので敢えてつづってみました。


五ヶ月間放置していて感じていること

収益化しているブログの収入は当然、減ってしまいましたが、それは覚悟の上でしたのでショックは無い。

むしろ、『これだけ放置していても、まだ、こんだけ稼いでくれるのか?』と、いう状態。

これまで自分で実際に学んできてやってきたとは、違った体験が出来たとして非常に前向きに捉えている。

やっぱりブログというものは誰にでも作れる資産だな。

と、感じています。

そして、結局、私は『書く』という泥臭い世界に、再び戻ってきてしまったこと。

投資家として生きると決めたのに、やはり私は悠々自適というものより、考えて悩んでうなって行動している方が自分らしいと今、ようやく自覚できたと感じて止まない。

辞めても、また戻ってきてしまうというのは、自分で自覚している以上に、その物事が好きなんだということの表れなんでしょう。

ならば、素直に私はこの好きなことを尖らせて磨き上げていこうと思っているわけです。

 

時間こそ最大の資本力

実際に私がそもそもブログというものを継続的にやり出した理由と言うのは、ズバリ『』の為です。

結果的に脱サラも出来たし、投資する資金も作ることが出来たわけで、数年後の結果を楽しみにしている状態。

時間も1日24時間、1年365日、まるまる自分の好きなことに使える状態になった。

これまで30年以上、どれだけ頑張っても、自分の望む『自由』が得られなかったのに、2015年から2017年の2年間だけで得られてしまったことに、空虚な気持ちにもなったりしました。

ですが、そんな中で自分の本当に好きなことが分かったから、実益が伴わないで捨ててしまった五か月間には感謝している。

 

150日、3600時間、216,000分、12,960,000秒の時間を無駄にして得たこと。

それは、例えば私の寿命が80歳であったと仮定しても、14,600日、350,400時間、21,024,000分、1,261,440,000秒を決して無駄にはしないという考え方そのもの。

 


時間は誰でも平等にあるものであるからこそ、価値が無いと思われている酸素の様なもの。 だが、しかし・・・

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝しております。

Everything is going well!!

全てはうまく行きます。

それでは、またね^^

Sponsored Link