All is sense ~あけましておめでとうございます~

あけましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

2020年はヤバい状態になると警鐘を鳴らしている人も多いようです。

 

私は何の心配もしておらずに、ただいつもの様に世捨て人ライフを満喫するだけです。

 

若干、2018年、2019年とは違ったことをしようとは思っていますが。

 

他人と比較しない心掛け

何故、私が何も心配していないのかと言えば、他人をあてにしていないからです。

 

他人を意識するからこそ満たされる幸福感や充実感はあったりするけれど、それ以上にネガティブなことが生み出されることが多い。

 

その結果、自分自身が本来は支払わなくても良い筈の対価を支払うことになったりする。

 

『たった一人の魔道』を読んでくださっている方々ならば、お判りになって頂けるとは思いますが、対価というのはお金だけではありません。

 

他人は他人、自分は自分という格言がありますが、これをしっかりと行動に移せる者は極々、僅かであります。

 

私は5年前から、常にこれを考えて日々の仕事や生活に取り込んできたので、今の生活があると自覚していたりします。

 

運は人がもってくる

もう一つ大事に思っていることに『運』の概念です。

 

例えばクジ引きをして、当たりが出たとかハズレを引いてしまったという『運』の話ではありません。

 

日々の生活で幸福感に溢れる事象があることを『幸運』。

 

逆にため息や暗い気持ちになったりする事象があることを『不運』と定義しましょうか。

 

ハッキリ言って、そうした運は自分以外の他人からもたらされることが9割型。

 

こんな話があります。

 

自分は真面目にしっかりと働いてお金を稼いでいるのに、全く暮らしは楽にならない。

 

これはその人間の周りに穀潰しがいるからに他なりません。

 

また、真面目にしっかりと働いている人間に口八丁・手八丁でセールスを仕掛けてくるボンクラ(下品で失礼w)が多いのかも知れない。

 

何にせよ『運』とは人が持って来るものです。

 

金で例えると分かりやすいので、金の話をしましたが、金だけにあらず。

 

付き合う人間はよくよく見定めて、その人間との楽しい時間を大事にしなければ、不幸になっていくことは明白。

 

私は付き合う人間を非常に選んでいるので、ハッキリ言って友達はメッチャ少ないし、基本的に一人で生活しています。

 

だから、どれだけ知識人(痛!)や評論家(笑)、事情通(ぶw)、有名人(´Д°)が警鐘を鳴らしたところで、微動だにしないわけですよ。

 

だって好きに生きていいし、そういう時代の中に生きているし、そいつらに与えてもらう幸せなんか幸せじゃないわけだしね。

 

単純明快すぎて難しいのか?

私は埼玉の外れで世捨て人を自負しているオヤジです(笑)

 

しかし、私だって今の生活が元からあったわけではなく、マイナスからスタートして現在があるわけです。

 

何が違ったのか?と言えば、前述した考え方をしっかりと実行していたからだと思います。

 

そしてそれは今後も変わることがないと断言できます。

 

自分の幸せを創る方法なんて簡単です。

 

難しいことなんか何一つないの。

 

マイナス、もしくはゼロスタートならば、仕事を見つけて仕事をしてお金貯めて、自分一人の環境を創る。

 

自分一人の環境を創ったら、付き合う人間を厳選してテンション下げてくる人間とは、どんな人間であろうと☜ ここメッチャ重要!縁を切り、自分のことを好きでいてくれる人と良い人間関係を創っていく。

 

そういう人たちとビジネスをやるのも面白いし、もしくはソロでひたすら自分を満たす経済活動や娯楽を突き詰めていく。

 

たったこれだけなんですよね。

 

もちろん、すぐには具現化は出来ません。

 

どんな物事にも必ず『時間差』があるからです。

 

やったらやった分、すぐに欲しいというのは現代人の人情で普通の感覚なんだろうけどね。

 

すぐに欲しいと思うならば、まずはフットワークを軽くして環境設定や環境構築をすることが絶対条件であると個人的には思ってます。

 

しっかりと自分を強く持って、下手なことに流されなければ、必ずどこかのポイントでブレイクスルーが起きると断言できます。

 

自分の人生は自分だけのモノ、アナタの人生はアナタだけのモノ。

 

自分をどんな理由であれ、不幸にしてしまう人間とは相性が合わないので、よくよく気を付けなければならないということですね。

 

しかし、こんなシンプルなことでも出来ない人が何と多いことか・・・。
(まあ、けーごも昔は出来なかったんですけどね(`▽´;))

 

All is sense

最後に題名のAll is senseという言葉について。

 

本来はAll is a sense(全ては感覚で)という意味ですが、これは私の2020年のキャッチフレーズ。

 

現在、私は世捨て人であると自覚していますが、経済活動においては自分の努力が一切、通用しないところで活動しています。

 

どれだけ学習したか?とか、どれだけ資金を持っているのか?とか、一切、通用しないそんな世界。

 

そんな世界に何故、身を置くのかといえば、非常に効率が良いと感じるからです。

 

そして学歴も経歴も職歴もどんな人間かとか、何もかも一切関係ない素晴らしいサバンナの様な世界であると思っているからですよ。

 

1日24時間、1年365日オープンしている世界で休むことが無い世界。

 

自由参加でつくづく勝者も敗者も見つけるのが難しい、そんな世界。

 

そんな世界で生きていくためには、理論やパターンなどは参考程度にしかならずに、自分自身にしか養えない『感覚』が必要と実感しているからです。

 

2020年は享楽的にいつもと同じように生きていくつもりですが、自分のリソースの比重をそちらに多く傾けようかな?って思っている。

 

だから、今年のキャッチフレーズは”All is Sense”としています。

 

ソシャゲをガチガチにやり込みながら、誰からも影響されずに、経済活動もしていく自由人。

 

そんなけーごですが、2020年もよろしくお願いいたします。

 


その瞳の先には何が見える? そこは果たして自分にとってどんな場所なのか? その心一つでその場所は桃源郷か或いは無間地獄となる。
 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます。

 

いつも感謝しています。

 

では、また近いうちに(´Д°)ノシ

 

最新情報をチェックしよう!