2020年中、最も沢山聴いた音楽を三曲を熱く解説してみようか

音楽というものは、心に様々な情動を呼びこしてくれる。

特に私の場合はその効果は顕著に現れるものであると考えています。

2020年は様々なことがありましたが、その際、特定の音楽を聴いたことによって救われたと思うこともあったりします。

今年、最も印象に残り、沢山、私の力になってくれた曲を三つ厳選して、紹介していきます。

 

2020年中に聴いた音楽 3位 【混沌の底に眠る王】

2018年11月から再び遊び始めている【幻獣契約クリプトラクト】というゲーム。

その中のボスにクトゥルーという敵がいるんですけどね。

そのクトゥルー専用の曲の名前が【混沌の底に眠る王】という。

ゲームの内容などは割愛するとして、曲のイメージとしては荒廃しているけど安らぎを感じるムードという感じ(意味不明かも?)

ちょっと自分がネガティブな状態に陥りそうになったときとかに聴くと、妙に落ち着くんですよね。

聴けば聴くほど、良さが分かってくるスルメの様な曲って感じかなぁ。

そんな様な曲だったりするんで、おそらくは来年(2021年)も何かの拍子に聴いて癒されるのだろうなぁ・・・と思いつつも個人的ランキングで3位にしてみた次第です。

 

2020年中に聴いた音楽 2位 【Lion】

元々はアニメ【マクロスF】のオープニングテーマだそうだ。

しかも2008年の楽曲とだいぶ古く、何と菅野よう子が作曲しているというから、知った時には驚いた。

知ったのも昔、ハマっていたリネージュのプレイ動画をFC2に挙げているキチガイプレイヤー(笑)が、勝手に使っていたのを見て知ったんですけどね。

ちなみに菅野よう子はSLG好きならば、誰もが知っていると思われる光栄のゲームの名曲を数多く輩出している人だったりする。

Lion知ったのは去年なんだけど、よく聴いていたのは再び会社に勤めだしてからのこと。

一時期、必ず出勤前の車の中で一回聴いて、そのまま会社に向かうという感じでしたね(笑)

要するにこの曲はテンション上がるわけですよ。

テンションが下がった状態では何をやってもうまくいかないわけで、特に会社の仕事というのはテンション下がった状態でやると良いことがないわけだし。

May’n&中島愛のデュエットってことには、あまりそそられるところはない。

むしろYouTubeにアップロードされているLionのライブムービーは、どこか私には『こそばゆい』くって見ていてしんどくなるんで(ファンの方ごめんなさい)

しかし、この曲そのものは非常にプラスの情動を書き立ててくれる良質な曲であると思っているので、大好きと言えます。

 

2020年中に聴いた音楽 1位 【Kzinssie】

大ヒットSFCのRPG【ロマンシング・サガ2】のボス・クジンシーが登場する時に流れるBGM。

実際にはクジンシー単独の曲ではなかったりしますが、このゲームのファンの多くはクジンシーのテーマソングとして認知されているように見受けられる。

私もそう思っていたりするし、楽曲名としては【Kzinssie(クジンシー)】として名称付けしているんで。

 

実はこの曲は昔から好きでね。

リアルタイムでゲームをしていた頃から、非常に好きなBGMの一つとして留意している。

ゲームはゲームなので、それすらやらなくなり現実の物事に取り組んでいつしか忘れていくことが多い。

『うわああ!この曲、すっげえカッコいい!』って思った子供心の情動と供にね・・・。

 

だけど、思い出したのが2016年の頃。

当時なんかは自分の時間の大半を安定した生活をするために労働という形で消耗している現状に焦燥感をもっていました。

それでもダラダラと適当に仕事をやるってことが出来ない私はこの曲を聴いてテンションをあげていましたね。

 

2020年4月から再び私はサラリーマンになったわけです。

2016年の時期とは若干、違う気持ちで取り組んでいたりしますが、それでも周りを見ていてアホらしくなることはあるわけですよ。

多くはここでは書きませんけど、とにかく何事にも自分のテンションを大事にしている私。

比較的簡単にテンションを上げてくれるものというのが、音楽であったりするし、その中でもゲームミュージックってそういうのが多い。

その中でも【Kzinnssie】は非常に良質でダイレクトに刺激してくれるわけですね。

 

余談だけどゲーム中では、クジンシーというボスはネタキャラみたいな感じの位置づけだけどね(笑)

 

何にせよ、この曲は今の私には非常に大事な曲であり、テンションを上げてくれる至高の名曲として認知していたりします。

 

おわりに

私は音楽というものは、かなり幅広く聞けるタイプであったりするけど、【たった一人の魔道】で取り上げる認める曲というものは、ゲームのモノが多いと思ったことでしょう。

実際にゲーム大好きな私ですが、人間の声が鬱陶しいと思うことって結構あるんですよ。

かといってクラシックやヒーリングBGMを聴くというのも、いちびっている感じがする困った私(笑)

気楽に聴けるもので、ス~~っと自分の心に入り込んでくるのが、ゲーム音楽だったりするんですよね。

2位のLionはヴォーカルがある曲だけど、作曲者はゲームミュージックを作ってきた方だから、不思議とシンクロしていたりしますね。

そんなわけで、2020年沢山聴いて私の助けになってくれた3曲を紹介し、取り上げてみました。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

Everything is going well!! 全てはうまくいきます。

それでは、またのう(´Д°)ノシ

 

最新情報をチェックしよう!